予算オーバーを防ごう!注文住宅の建築コストを安く抑える方法とは?

公開日:2022/10/15  最終更新日:2023/01/16


家の購入は一生に一度といわれています。非常に高額な買い物であるため、何度もできるものではありません。そこで把握しておきたいのが、注文住宅の建築コストを安く抑える方法です。その方法を知るためにも、まずは注文住宅が予算オーバーしやすい原因を把握し、そのうえで注文住宅の建築コストを安く抑える方法を知りましょう。

【富山県】住宅メーカーランキングおすすめ1位はこちら

注文住宅が予算オーバーしやすい原因

なぜ多くの人が注文住宅の購入で予算オーバーしてしまうのでしょうか。ここでは、その理由を明らかにします。

注文住宅の相場が分からない

仕方がないことですが、そもそも注文住宅の適切な価格は知られていません。なんど購入するものであれば前回の経験もあるため、住宅にどの程度のコストがかかるのかも分かるでしょう。しかし一生に一度の買い物ともなれば、いくらかかるのかまったく分からないわけです。そのうえ注文住宅の場合は、比較的自由に設計できるのであれこれと設備をつけてしまいます。そうすると徐々にコストが高まり、思っている以上の出費になることに…。

たとえば注文住宅のオプションには床暖房があります。床暖房は6畳あたり30万円から50万円が相場なので、対象の部屋が広ければ広いだけコストアップします。浴室暖房乾燥機は10万円から20万円が相場です。そういった設備をどんどん積み重ねていくと、結果的に高額化し,大きな負担を感じるようになるのです。

金銭感覚が麻痺する

そもそも注文住宅を購入したい人は、自分だけの家。つまりはオーダーメイドの家を建てたい、と強く願っています。その結果、やりたいことを詰め込んでしまい、徐々に金銭感覚が麻痺するのです。数樹万円するような設備も簡単に採用するなど吟味すること自体を忘れているケースも珍しくありません。

建築費以外の予算を考慮していない

注文住宅のコストは、多彩です。なのに建築費用以外を考慮していない人が少なくありません。建築費以外にも庭や塀の工事費やエアコンの工事費など付帯工事費が発生することも多いです。また、住宅ローンの手数料や登記費用、さらには税金などの諸費用も馬鹿にはなりません。それらの総合的なコストも把握した上で、予算額を決めましょう。

注文住宅の建築コストを安く抑える方法

予算オーバーしたからといって、諦める必要はありません。注文住宅でも建築コストを抑える方法があるからです。こちらでは、とくに有効とされる方法を紹介します。

予算を前もって伝える

建築会社に対し、どの程度の予算なら確保できるか伝えてください。予算を伝えないと、建築会社も利益を得るためにさまざまな設備を提案してきます。それらを受け入れていると、結果として高額化することになり予算オーバーになるのです。

一方で最初から予算を伝えておけば、その予算に見合った提案をしてくれます。その予算での対応が難しいといわれれば、ほかの建築会社に切り替えればよいだけです。「予算が無限にある」という方はいないでしょう。どの程度の額までであれば対応可能かじっくりと考え、そのうえで適切な予算額を決定してください。

延床面積を減らす

当然ですが、大きな家と比較して小さな家のほうが建築費用は安く済みます。そもそも大きな家は、住み始めると光熱費や住宅の回収費用も多くかかることに…。とくに家を大きくする必要がないのであれば、延床面積を減らしてみましょう。それだけでも、大幅なコストカットになります。

シンプルな作りにする

注文住宅は理想を具現化できるため、あれこれと詰め込んでしまいます。特徴的なフォルムの住宅を検討している方もいるでしょうが、実際に建てると工事費がかさみます。それよりもシンプルな作りであれば、安く住むのです。シンプルであれば、基礎工事の工程も少なくなり工期も短くなってコストも下がります。余程のこだわりがあれば、特徴的な家もよいかもしれません。しかしこだわりがないのであれば、なるべくシンプルな作りにしましょう。

水回りの位置を工夫する

トイレやキッチンお風呂場といった水回りはコストがかかります。給排水設備を取り付けなければならず、複雑な作業を必要とするのです。それらの水回りをなるべく一箇所にまとめることで、工事費はかなり割安になります。たとえば1階と2階にトイレを設置するのではなく、1階のみに設置するだけでもコストダウンにつながります。

注文住宅の建築コストを削る際に注意するべきポイント

いくら建築コストを引き下げたいからといって、何でもかんでもカットするのはおすすめできません。住み心地にも大きな影響が出てくるからです。ここでは、注文住宅の建築コストを削る際に注意するべきポイントを紹介します。

耐震性能はカットNG

地震大国である日本で耐震性能をカットするのは絶対にNGです。あなたと家族の命に関わる性能であり、そもそも耐震性能がない家だと地震保険などの加入に大きな問題が発生します。

断熱性能はカットNG

快適な住まいに欠かせないのが断熱性能です。とくに近年の夏は酷暑が続いており、家の中にいて熱中症にかかることも少なくありません。なのに断熱性能をケチってしまうと、夏は蒸し風呂のような状態になります。エアコンを使う機会が多くなり、結果的に高くつきます。

まとめ

ここまで注文住宅の建築コストを安く抑える方法を紹介しました。高額化しやすい注文住宅ですが、延床面積を減らしたり、作りをシンプルにしたりするだけで10~20%ほどコストを抑えられる可能性があります。もちろん注文住宅はこだわりを持てるので、いろいろな希望もあるでしょう。しかしお金は有限であり、高額であればローンの支払いに困ることも考えられます。将来も考え、カットできる部分はカットしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

投稿日 2024.02.15
近年、ホームエレベーターの需要が増加しています。本記事では、ホームエレベーターの設置にかかる費用とランニングコストについて詳しく紹介します。エレベーターの利便性や快適さは、住宅の価値を高める
続きを読む
投稿日 2024.01.15
3階建ての注文住宅は、広々とした空間と多彩な用途が魅力ですが、注意すべきポイントもあります。この記事では、3階建て住宅のメリット・デメリットや、建築費用の相場について解説します。家づくりにお
続きを読む
投稿日 2023.12.15
注文住宅に防音室を取り入れることでライフスタイルが広がります。夜間でも周囲を気にせず楽器の練習や映画鑑賞が可能となり、生活の質が上昇することでしょう。しかし、防音室の費用や性能など疑問を持っ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
二世帯住宅を購入する際、まず検討したいのはどのような間取りタイプを採用するかという点です。二世帯住宅には完全同居型・部分共用型・完全分離型の3種類があるため、家族とよく相談して最適なスタイル
続きを読む
投稿日 2023.10.15
無垢材は注文住宅を建てる際に人気が高い素材のひとつであり、マイホームにぜひ取り入れたいと考えている人も多いでしょう。無垢材にはメリットが多い一方で、いくつかのデメリットもあるため、活用の際に
続きを読む
投稿日 2023.09.15
注文住宅を購入する際は、外観や内装の雰囲気をある程度統一して色味を決めるケースが多いでしょう。最近では、ナチュラルテイストで温かみのある住宅が人気を集めています。今回は注文住宅にナチュラルテ
続きを読む
投稿日 2023.08.15
注文住宅は、新しい家を購入する方法のひとつです。分譲住宅などは、建築済というケースも多いでしょう。しかし、注文住宅は土地探しや設計段階から始まります。せっかく建てるのだから二階建てがいいと考
続きを読む
投稿日 2023.07.15
最近では、おしゃれなデザインが魅力のキューブ型住宅に人気が集まっています。キューブ型住宅には、どのような特徴があるのでしょうか。特徴やメリット・デメリットを理解したうえで、キューブ型住宅を検
続きを読む
投稿日 2023.06.15
自由設計は、注文住宅と同じ意味合いだと考える人も多いのですが、自由設計と注文住宅には大きな違いがあります。この記事では、自由設計について詳しく解説します。自由設計と注文住宅・建売住宅の違い、
続きを読む
投稿日 2023.03.15
注文住宅は間取りや設備などの希望を反映できる分、こだわりによって費用が大きく変化します。注文住宅の購入には税金や印紙代などもかかってくるので、土地や建物の金額だけでなく、諸費用の予算が必要で
続きを読む