ナチュラルテイストの注文住宅にするには?ポイントを紹介

公開日:2023/09/15  


注文住宅を購入する際は、外観や内装の雰囲気をある程度統一して色味を決めるケースが多いでしょう。最近では、ナチュラルテイストで温かみのある住宅が人気を集めています。今回は注文住宅にナチュラルテイストを取り入れるとのメリットや、ナチュラルテイストな注文住宅にするためのポイントを解説するため、ぜひ参考にしてください。

「ナチュラルテイスト」とは?

ナチュラルテイストとは、木目や天然の質感などを活かした温かみのある雰囲気です。使用する素材や色に決まりがあるわけでなく、全体が自然でやさしい雰囲気にまとまっている状態を指します。具体的には、明るめカラーのウッド調や、ホワイト・グレー・ベージュなどのやさしいカラーが使われることが多いです。

また、ナチュラルテイストのなかには、モダンな雰囲気をまとった「ナチュラルモダン」や北欧風の家具などを取り入れた「北欧ナチュラル」などのさまざまな種類があり、多様なテイストと相性がよいのも特徴のひとつです。

ナチュラルテイストの魅力とは?

注文住宅にナチュラルテイストを取り入れることにはどのような魅力があるのでしょうか。ここでは、ナチュラルテイストの魅力やメリットを紹介します。

長く住み続けても飽きがこない

ナチュラルテイストの住宅はやさしく落ち着いた風合いであり、家具なども基本的にはシンプルなデザインのものが多くなります。住宅購入時から5年、10年と時間が経てば好みの雰囲気やトレンドが変わってしまうことも多いですが、ナチュラルテイストであれば飽きることなく住み続けられるでしょう。

また、内装全体がシンプルでデザインの主張が強くないことから、ラグや小物などを少し変えるだけでもさまざまなテイストを楽しめるのが魅力です。

多くの人に愛されるデザイン

マイホームを購入すると、両親や親戚、友人などを招いて過ごす機会も多くなります。ナチュラルテイストの住宅は自然体でありながらもおしゃれさを感じさせるデザインであるため、多くの人がリラックスして心地よく過ごせる空間となるでしょう。

自然素材で身体にもやさしい

ナチュラルテイストの内装には、無垢材のフローリングや漆喰の塗り壁など、自然素材がたっぷりと取り入れられています。特に小さな子どもや赤ちゃん、ペットと暮らしている家庭では、化学素材の健康被害が気になるケースもあるでしょう。ナチュラルテイストは見た目はもちろん、身体にもやさしいのが魅力のひとつです。

屋外とのつながりも楽しめる

ナチュラルテイストの空間は自然や緑と相性がよいため、インテリアの一部として観葉植物を取り入れる人も多いです。また、庭づくりに力を入れて家庭菜園をしたり、好きな花を植えたりすることで、屋内と屋外とのつながりを感じながら、ナチュラルな家づくりを楽しむのもよいでしょう。

ナチュラルテイストな注文住宅にするには

注文住宅をナチュラルテイストにしたいと考えても、実際にどのような素材・間取りを採用すればよいのか分からないという人も多いでしょう。ここでは、ナチュラルテイストな注文住宅にするための外観・内装・間取りのポイントを紹介します。

外観

ナチュラルテイストの外観には、ホワイト・グレー・ベージュなどの柔らかく淡いカラーを採用するのがおすすめです。また、外壁のカラーとして濃い色を使いたい場合には、木目が美しいウッド調の素材をポイントとして取り入れることで、ナチュラルさや温かさを演出できるでしょう。

内装

ナチュラルテイストな内装といえば、明るめカラーの無垢フローリングを思い浮かべる人も多いでしょう。木目が美しい無垢フローリングはどこか温かみを感じられ、ホワイトや淡いベージュなどの壁紙と組み合わせることで、部屋全体がやさしい印象となります。また、淡いカラーであっても種類が多すぎるとごちゃついてしまうため、取り入れるカラーは3種類までに抑えるのがおすすめです。

間取り

ナチュラルテイストの住宅は、大きな窓から差し込む光によってより柔らかで温かみのある印象に仕上がります。採光にもこだわって設計することで、より自然を身近に感じられる空間となるでしょう。部屋を隔てる壁の間口などにアーチ型を取り入れれば、柔らかさのなかにかわいらしさも感じられます。また、太陽の光を取り込みながら広々とした空間を演出できる、吹き抜けを取り入れるのもおすすめです。

まとめ

今回は、注文住宅をナチュラルテイストにするメリットや、ナチュラルさを演出するための外観・内装・間取りのポイントについて詳しく解説しました。ナチュラルテイストの住宅には、飽きがこず多くの人に愛されるデザインであることや、自然素材の利用で身体にやさしいことなどがメリットとして挙げられます。内装・外装ともに、基本的には明るめカラーの木目調や、ホワイト・グレー・ベージュなどの淡色を取り入れるのがナチュラル感を演出できるポイントです。

また、採光にこだわった設計やアーチ型を取り入れた間取りを採用すると、さらに温かみが増すでしょう。注文住宅をナチュラルテイストに仕上げたい人や、ナチュラルさを演出するための具体的なポイントを知りたい人は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

投稿日 2024.07.15
家を建てることは、多くの人にとって一生に一度の大きな決断です。しかし、注文住宅には多くの落とし穴が潜んでおり、注意を怠ると後悔することも少なくありません。本コラムでは、実際の失敗例を元に、理
続きを読む
投稿日 2024.06.15
注文住宅の間取りや外観を決めることは、一生に一度の大きな決断であり、理想のマイホームを実現するための重要なステップです。自分や家族のライフスタイル、将来の計画を考慮しながら、細部までこだわる
続きを読む
投稿日 2024.05.23
南砺市は富山県の南西部、砺波平野の南部を占めている街です。四季折々の豊かな自然に恵まれている南砺市ですが、年間降水量が多く市内の一部地域は特別豪雪地帯に指定されています。 厳しい自然環境に対
続きを読む
投稿日 2024.05.23
日本国内には、約3万社を超えるハウスメーカーが存在します。家づくりで後悔しないためには、それぞれの特徴や強みを把握した上で選ぶことが大切です。 住宅性能はもちろんのことですが、建てた後のアフ
続きを読む
投稿日 2024.05.15
「スキップフロア」は、傾斜地に建設する場合やビルトインガレージを導入する際に役立ちます。また、内装の美しさや収納スペースとしての機能を果たします。しかし、階段の多さや設計の複雑さに注意が必要
続きを読む
投稿日 2024.04.15
注文住宅は、多くの人にとって夢の住まいを実現する手段です。なかでも、平屋建て住宅は、日本の住環境において注目を集めています。一戸建て住宅といえば、二階建て以上が主流でしたが、最近では平屋の人
続きを読む
投稿日 2024.03.15
注文住宅における新しいトレンドとして、インナーバルコニーが注目を浴びています。この記事では、インナーバルコニーの定義と特徴から、メリットとデメリット、さらにはインナーバルコニーを取り入れた注
続きを読む
投稿日 2024.02.15
近年、ホームエレベーターの需要が増加しています。本記事では、ホームエレベーターの設置にかかる費用とランニングコストについて詳しく紹介します。エレベーターの利便性や快適さは、住宅の価値を高める
続きを読む
投稿日 2024.01.15
3階建ての注文住宅は、広々とした空間と多彩な用途が魅力ですが、注意すべきポイントもあります。この記事では、3階建て住宅のメリット・デメリットや、建築費用の相場について解説します。家づくりにお
続きを読む
投稿日 2023.12.15
注文住宅に防音室を取り入れることでライフスタイルが広がります。夜間でも周囲を気にせず楽器の練習や映画鑑賞が可能となり、生活の質が上昇することでしょう。しかし、防音室の費用や性能など疑問を持っ
続きを読む