セキホームの口コミや評判

公開日:2022/05/15   最終更新日:2023/01/16

セキホーム

富山県で家づくりを考えた時に、どんな点を重視するかによって企業選びが変わってきます。デザイン、耐震強度、メンテナンスのどれもバランスよく揃っているのがセキホームです。生活を重視したこだわりのデザインや、素材選びを大切にした家の強化など、セキホームの家づくりに関する特徴をご紹介していきます。

【富山県】住宅メーカーランキングおすすめ1位はこちら

生活しやすく飽きの来ない住宅デザイン

現在の生活スタイルを反映するのはもちろん、今後生活スタイルが変化しても長く愛される家づくりを提案してくれます。

環境にも調和する外観

外観は家の印象を決める大切な要素です。和モダンで奥ゆかしさのある外観、窓を少なくした外観など、まずは購入者の希望をしっかりヒアリングして方向性を決めてくれます。

さらに外観デザインで大切なのが、周辺環境と自然に調和するということです。緑が多い環境、建物の色の傾向など、丁寧に建築予定の土地周辺を観察していきます。

家が完成した時にあまり周囲に馴染まない建物とならないよう、専門家の視点で監修してもらえるのは安心ですね。

無理なく空間を埋める

吹き抜けの玄関や広々としたリビングなどは、どうしても暖房・冷房の面から考えると省エネからは遠ざかってしまいます。そこで頼りになるのがセキホームです。

セキホームは省エネ住宅を作ることにこだわりをもっています。購入者が希望するデザインを取り入れながら、省エネに配慮した暮らしやすい空間づくりをするのが得意です。

太陽の光を逃さない、高さを無駄にしないといった家づくりの基本を押さえながら、無理に空間を埋めないというデザインに定評があります。

生活者の動きに合わせた間取り

デザインを重視するあまり、あまりにも生活スタイルから離れた間取りになってしまっては意味がありません。たとえば浴室とトイレの位置関係や、玄関から入って階段までの通路などが自然で使いやすい作りであることが大切です。

セキホームは生活の動線をしっかり考慮しながら、飽きの来ないデザイン作りにも細かく配慮してくれます。生活のしやすさが叶っても、デザインの独自性が失われてしまっては、ありふれた新鮮味のない家になってしまうでしょう。購入者のこだわりを丁寧に拾い上げた間取り作りも、セキホームが人気である理由の一つです。

在来軸組モノコック工法などを用いた地震に強い家づくり

セキホームは家の構造や素材選びによって、地震に強い家づくりを行っています。

さまざまな工法を組み合わせて強度アップ

在来工法では耐震強度が弱いといわれていますが、上からの重さには強いという特徴があります。

セキホームでは在来工法のよさを活かしつつ、2×4工法(ツーバイフォー工法)を採用した家づくりによって強度アップを可能にしました。2×4工法は壁や床に強力な面材を使用して、地震など横からの圧力にも耐えうる構造に仕上げる技術です。

テックワンを使用して強度アップ

木材同士をつなぐ金具にはテックワンを使用しています。金具を装着する際はどうしても木材を削らなければなりませんが、テックワンを使用すれば削る部分が小さくて済みます。

木材同士の設置面席が広くなるので木材の強度を落とさずにつなぐことができ、より耐震強度の高い家をつくることが可能です。またテックワンは阪神淡路大震災の震度を再現した実験でも、強い耐震強度を誇ることが証明されました。

30年目までの長期アフターメンテナンス

いくら頑丈な家とはいっても、定期的にメンテナンスしなければ老朽化を止めることはできません。セキホームでは安全・安心な家を保つ取り組みとして、建築後2年目から定期点検を実施しています。

30年目までの長期フォローなので、点検だけでなくリフォームなどの相談もできるのがメリットです。信頼できる地震に強い家づくりは、建築後の丁寧なサポートを行うことで完成します。

一年通して快適に暮らせる高気密・高断熱住宅を提案

富山県は豪雪地帯として有名ですが、夏は蒸し暑くなるという特徴もあります。富山県という土地柄に合った家づくりをするセキホームに任せれば、年中過ごしやすい住まいが叶うでしょう。

厳しく設定した気密性能基準

家の隙間が多いほど、寒さや湿気の影響を受けやすくなります。セキホームでは北海道で設定される気密性能の基準より厳しい値を設定して、気密性の高い家づくりを行っています。

外断熱工法で結露しにくい

外壁を作る際、断熱材を外側に設置することを外断熱工法といいます。気密性を高めた家では、外断熱工法を採用することで結露が起こりにくくなるのです。

結露は家の劣化を早めてしまうため、暖められた空気を冷やさない外断熱工法が重要となります。セキホームは外断熱工法を導入しているため、状態のよい家を長く保つことが可能です。

熱を逃がさない断熱性能

北海道にも勝るほどの断熱性能を実現するため、外皮平均熱還流率という指標を厳しく定めています。セキホームは北海道の外皮平均熱還流率を基準としているため、富山県で設定する基準よりも断熱性に優れた家づくりが可能となっているのです。

 

セキホームでは購入者の生活に配慮しつつ、環境とも調和したデザイン作りを大切にしています。在来工法を取り入れつつ2×4工法で耐震強度を高め、厳しい基準を設けた高気密・高断熱の家づくりも人気です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

投稿日 2024.06.15
注文住宅の間取りや外観を決めることは、一生に一度の大きな決断であり、理想のマイホームを実現するための重要なステップです。自分や家族のライフスタイル、将来の計画を考慮しながら、細部までこだわる
続きを読む
投稿日 2024.05.23
南砺市は富山県の南西部、砺波平野の南部を占めている街です。四季折々の豊かな自然に恵まれている南砺市ですが、年間降水量が多く市内の一部地域は特別豪雪地帯に指定されています。 厳しい自然環境に対
続きを読む
投稿日 2024.05.23
日本国内には、約3万社を超えるハウスメーカーが存在します。家づくりで後悔しないためには、それぞれの特徴や強みを把握した上で選ぶことが大切です。 住宅性能はもちろんのことですが、建てた後のアフ
続きを読む
投稿日 2024.05.15
「スキップフロア」は、傾斜地に建設する場合やビルトインガレージを導入する際に役立ちます。また、内装の美しさや収納スペースとしての機能を果たします。しかし、階段の多さや設計の複雑さに注意が必要
続きを読む
投稿日 2024.04.15
注文住宅は、多くの人にとって夢の住まいを実現する手段です。なかでも、平屋建て住宅は、日本の住環境において注目を集めています。一戸建て住宅といえば、二階建て以上が主流でしたが、最近では平屋の人
続きを読む
投稿日 2024.03.15
注文住宅における新しいトレンドとして、インナーバルコニーが注目を浴びています。この記事では、インナーバルコニーの定義と特徴から、メリットとデメリット、さらにはインナーバルコニーを取り入れた注
続きを読む
投稿日 2024.02.15
近年、ホームエレベーターの需要が増加しています。本記事では、ホームエレベーターの設置にかかる費用とランニングコストについて詳しく紹介します。エレベーターの利便性や快適さは、住宅の価値を高める
続きを読む
投稿日 2024.01.15
3階建ての注文住宅は、広々とした空間と多彩な用途が魅力ですが、注意すべきポイントもあります。この記事では、3階建て住宅のメリット・デメリットや、建築費用の相場について解説します。家づくりにお
続きを読む
投稿日 2023.12.15
注文住宅に防音室を取り入れることでライフスタイルが広がります。夜間でも周囲を気にせず楽器の練習や映画鑑賞が可能となり、生活の質が上昇することでしょう。しかし、防音室の費用や性能など疑問を持っ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
二世帯住宅を購入する際、まず検討したいのはどのような間取りタイプを採用するかという点です。二世帯住宅には完全同居型・部分共用型・完全分離型の3種類があるため、家族とよく相談して最適なスタイル
続きを読む