注文住宅を建てるまでの大まかな流れを事前に把握しよう!

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/01/16


自由な家づくりができると人気の注文住宅ですが、どのような流れで建てられるかをご存知ですか?今回は、注文住宅を建てるまでの大まかな流れについて解説します。注文住宅を建てるまでの期間や支払いのスケジュールについても説明するので、これから家を建てる人は、家づくりの参考にしてみてください。

【富山県】住宅メーカーランキングおすすめ1位はこちら

注文住宅を建てるまでの大まかな流れ

注文住宅を建てるまでの大まかな流れは次の通りです。ひとつずつ見ていきましょう。

予算を決める

家づくりにどのくらいの予算をかけられるのかを考えます。毎月の支払うローンは自分たちの収入に合っているか貯金や親からの支援はあるかなどを確認し、家づくりにかけられる資金を計算しましょう。金融機関の公式サイトで借入額のシミュレーションもできるので、参考にしてみてください。

イメージづくりと下調べ

どんな場所に、どんな家を建てたいか、どんな間取りにしたいかなどをイメージします。家族の人数や理想の暮らしをイメージしながら考えていきましょう。モデルハウスなどで情報収集するのもおすすめです。

土地を探す

不動産情報サイトなどで土地代の相場を確認しながら、希望の土地を探します。住みたい場所が決まっているなら不動産会社にお願いして、よい土地が出たら連絡をもらえるようにしておきましょう。ハウスメーカーにも相談しておくと、条件付きの土地を紹介してもらえることもあるため、おすすめです。

建築会社を探す

建築会社にはハウスメーカー、地元の工務店、設計事務所があります。それぞれ強みやサービスが違うので、自分たちに合うところに依頼しましょう。モデルハウスやホームギャラリーを見て、予算とイメージに合う建築会社を探します。

間取りの設計

間取りの設計、ローンの仮審査、建築会社の候補が数社決まったら、間取りのプランと見積もりを依頼します。事前にイメージしていた間取りや理想の暮らしを建築会社に伝え、最適なプランを出してもらいましょう。理想はすべて伝え、納得がいくまで調整してください。この時期にローンの仮審査に申し込みます。収入などによっては審査が通らないこともあるので、早めに申し込んでおきます。

建築請負契約を結ぶ、ローンの本審査

建築会社を最終決定し、色や材質、設備などの建物全体のプランが決定したら、建築会社と建築請負契約を結びます。建築請負契約をすると解除するのに違約金が発生してしまうので、気になるところは問い合わせなどをしておくと、後々のトラブルを防ぐこともできます。その後、市町村や民間評価機関に建築確認を申請し、建物の建築許可が下りたらローンの本審査を行います。

着工

ローンの本審査が通ったら、いよいよ工事が始まります。工事の前に現場監督との顔合わせ、地鎮祭などを希望する場合は建築会社に伝えておきましょう。工事には騒音が発生するため、近隣住宅への挨拶が必要です。自分たちで行うか、現場監督などにお願いするかなども話し合っておきましょう。施工中も現場へ足を運び、建築状況を確認したり、業者さんとコミュニケーションを取ったりしてください。

完成、引き渡し

建築会社から鍵を受け取り、引き渡しは完了です。引き渡しと同時に住宅ローンも実行されます。注文住宅はこのような流れで建設されるので、次はどのくらいの期間で注文住宅ができ上がるのかを見ていきましょう。

注文住宅の引き渡しまでにかかる期間

引き渡しまでにかかる平均の期間は、土地や業者を探すのに、平均1~6か月、設計やローンの申し込みに、平均2~4か月、工事・引き渡しに、平均4~6か月ほどかかります。そのため、注文住宅を土地探しから始め、設計や工事をして引き渡す場合、早くて1年半前、遅くても10か月ほど前から計画を始めましょう。

土地をすでに所有している場合

土地を探さないという場合もあります。たとえば今の家を壊して建て直したり、親戚の土地を譲り受けたりするときなどです。建物を壊し土壌の調査や改良などもする場合、1年半から1年前には計画を始める必要があります。建物のない土地で土壌の調査も必要ない場合は、1年から10か月前には計画を始めましょう。

注文住宅の支払いスケジュール

注文住宅の場合、建築費を3~4回に分けて支払うのが一般的です。

・建築請負契約時(工事費の10%前後)
・着工時(工事費の30%前後)
・上棟時(工事費の30%前後)
・引き渡し時(工事費の30%前後)

たとえば、4000万円の家を建てる場合、建築請負契約時に400万円、ほかの3回は1,200万円ずつを支払います。しかし、住宅ローンは引き渡し完了後にしか実行されません。その時に利用されるのが、つなぎ融資というものです。

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは、住宅ローンの融資が始まるまでの短い間だけ利用するローンのことです。引き渡しまではつなぎ融資で支払って、引き渡し後は住宅ローンの融資を実行します。

まとめ

ここまで、注文住宅を建てるまでの大まかな流れ、引き渡しまでの期間について解説しました。注文住宅は自分の希望にあった住宅を建てられるので、家にこだわりたい方にはおすすめです。家づくりに関する大まかな流れを理解しておけば、土地や設計にも妥協をせずに時間をかけることができます。期間に余裕をもって、自分の理想の住宅を建てましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

投稿日 2024.02.15
近年、ホームエレベーターの需要が増加しています。本記事では、ホームエレベーターの設置にかかる費用とランニングコストについて詳しく紹介します。エレベーターの利便性や快適さは、住宅の価値を高める
続きを読む
投稿日 2024.01.15
3階建ての注文住宅は、広々とした空間と多彩な用途が魅力ですが、注意すべきポイントもあります。この記事では、3階建て住宅のメリット・デメリットや、建築費用の相場について解説します。家づくりにお
続きを読む
投稿日 2023.12.15
注文住宅に防音室を取り入れることでライフスタイルが広がります。夜間でも周囲を気にせず楽器の練習や映画鑑賞が可能となり、生活の質が上昇することでしょう。しかし、防音室の費用や性能など疑問を持っ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
二世帯住宅を購入する際、まず検討したいのはどのような間取りタイプを採用するかという点です。二世帯住宅には完全同居型・部分共用型・完全分離型の3種類があるため、家族とよく相談して最適なスタイル
続きを読む
投稿日 2023.10.15
無垢材は注文住宅を建てる際に人気が高い素材のひとつであり、マイホームにぜひ取り入れたいと考えている人も多いでしょう。無垢材にはメリットが多い一方で、いくつかのデメリットもあるため、活用の際に
続きを読む
投稿日 2023.09.15
注文住宅を購入する際は、外観や内装の雰囲気をある程度統一して色味を決めるケースが多いでしょう。最近では、ナチュラルテイストで温かみのある住宅が人気を集めています。今回は注文住宅にナチュラルテ
続きを読む
投稿日 2023.08.15
注文住宅は、新しい家を購入する方法のひとつです。分譲住宅などは、建築済というケースも多いでしょう。しかし、注文住宅は土地探しや設計段階から始まります。せっかく建てるのだから二階建てがいいと考
続きを読む
投稿日 2023.07.15
最近では、おしゃれなデザインが魅力のキューブ型住宅に人気が集まっています。キューブ型住宅には、どのような特徴があるのでしょうか。特徴やメリット・デメリットを理解したうえで、キューブ型住宅を検
続きを読む
投稿日 2023.06.15
自由設計は、注文住宅と同じ意味合いだと考える人も多いのですが、自由設計と注文住宅には大きな違いがあります。この記事では、自由設計について詳しく解説します。自由設計と注文住宅・建売住宅の違い、
続きを読む
投稿日 2023.03.15
注文住宅は間取りや設備などの希望を反映できる分、こだわりによって費用が大きく変化します。注文住宅の購入には税金や印紙代などもかかってくるので、土地や建物の金額だけでなく、諸費用の予算が必要で
続きを読む